夢をつかめ!車買取専門学校

名古屋地域の鳴海駅の南西のある車買取業者とその主たる特徴

名古屋エリアの東部には国道1号線が走っています。その国道はある箇所にて59号線と交差するのですが、交差点から南西の方角に進みますと車買取の業者が1件あります。ちなみにその交差点の東側には鳴海駅があるのですが、そこから歩いていく事も可能です。

 

ところでその買取店の特徴なのですが、買い取っている車の幅広さです。例えばその業者では、事故を起こしてしまっているような車なども買い取ってくれるそうです。業者によっては事故車は買い取ってくれない事もあるのですが、その名古屋の業者の場合は対応可能だそうです。ですので事故車を名古屋で売却したいと考えている方などは、その業者はオススメですね。

 

何も事故車に限らず、動かなくなってしまった車や過走行の車なども買い取ってくれるようです。

 

また業者によってはローンの残債がある時には、自分で処理しなければならない事があります。しかし上記の名古屋の業者の場合は、ローンに関しては相談をする事もできるそうです。状況によっては、ローンの組み換えなどが発生するでしょう。ローンが残っている方にとっては、それはとても有難いですね。

 

またその業者の場合は、海外に対する売却ルートを持っているのも特徴です。前述のようにその名古屋の業者ではやや状態が厳しい車でも買い取っているのですが、それは海外への売却ルートがあるからです。日本では買い取ることが難しい車であっても、海外の場合は買い取ってくれるケースが多々あります。

 

何も海外ルートだけでなく、複数の売却ルートを持っているのもその業者の特徴ですね。顧客から買い取った車に対して、最適な売却ルートを選ぶスタイルのようです。ですので、売却額もある程度高く見込めると思うのですが。

 

このように車の売却ルートが幅広い事により、多彩な車が買い取り可能なのがその業者の特徴ですね。ですので名古屋地域で車の売却を検討しているのであれば、ちょっとその業者で査定を受けてみると良いと思います。

車買取の手続きでは、基本的には書面を発行してもらう方が良いです。口約束になってしまいますと、後になって大きなトラブルが発生してしまう可能性があります。口頭ではなく、やはり書面で証拠を残しておく方が良いですね。特に2つの点に関する書面は、必ず発行してもらうべきでしょう。

 

二重査定に関する書面確認

 

まず二重査定です。二重査定とは、査定額からの減額が発生してしまう事を意味します。
車査定の段階で30万円と伝えられたものの、実際に振り込まれた金額は20万円台だったという話は案外と多いです。大きな減額が発生してしまうのは、もちろん困ってしまうでしょう。
それを防止するためにも、まず二重査定が発生しない業者を選ぶべきですね。なおかつその業者から、「二重査定は発生しません」と明示してもらう方がより万全でしょう。さらに、書面も発行してもらうべきだと思います。
ちなみに買取会社によっては、契約書に「後日査定額が変更される可能性はあります」などと書かれている事があります。もちろんそのような業者ではなく、「二重査定はありません」などと書かれている業者を選ぶと良いでしょう。口頭ではなく書面が大切です。

 

名義変更も書面が大事

 

それともう1つは名義変更ですね。それも、やはり決して口約束にするべきではありません。
基本的に名義変更の手続きは、必ず会社名義にしてもらうべきですね。自分の名義になっていると後でトラブルが発生してしまう可能性がありますが、一旦は会社名義にしてもらう方が安心できるでしょう。
そしてその会社名義にしてもらうのも、必ず業者に約束させるべきです。それも口頭ではなく、やはり書面で約束させる方が良いですね。
以上の二重査定と名義の変更だけは、必ず書面で証拠を残す方が良いと考えます。
参考:【20系】初代ヴェルファイア買取相場

続きを読む≫ 2015/05/28 18:51:28